組織移植について

移植コーディネーターの役割

 移植コーディネーターは提供者(ドナー)と移植を受ける患者様(レシピエント)をつなぐ、重要な存在です。東大病院組織バンクの移植コーディネーターは日本組織移植学会の認定資格を取得しています。

 

移植コーディネーターの業務

ドナーコーディネーション

 提供病院や日本臓器移植ネットワークから組織バンクの移植コーディネーターに連絡があった際は、移植コーディネーターが提供先の病院へ集まって院内調整や情報収集、今 後の打ち合わせなどを行います。その後移植コーディネーターがドナーご家族に提供に関する説明をし、承諾が得られた場合に、摘出手術の準備へと移ります。
 承諾が得られた場合には、摘出医師チームと連絡をとり、手術が円滑に行われるように手配をします。また、組織バンクの移植コーディネーターとして、手術の外回りも行ないます。
全ての組織が摘出された後、手術室の掃除をし、ドナーのお身体を綺麗に整え、ご家族の元へお送りし、お見送りまで立ち合います。

 組織提供後も、ご自宅を訪問させていただいたり、希望があれば感謝状や移植報告書を送付しています。葬儀や告別式に参列させていただくこともあります。

啓発活動

 提供・移植が行われていないときは、ドナーカードの配布、講演会や学会への参加、臓器・組織提供の土壌を育成するなどの活動を日常的に行います。

その他の移植コーディネーター

 日本移植コーディネーター協議会(JATCO)のホームページをご参照ください。